最終更新日: 2001年 10月 3日 - 午後 1:00
ホームへ戻る
居酒屋放浪記
松本弁研究所
こんな世界があったんだ
リフレクソロジー
世にも起業な物語
ホーム > 松本弁研究所 SUB MENU

最近若者を中心として乱れてきた日本語ですが、地方でも世代交代により伝統文化とも言える この方言が失われつつあります。
ここでは現状の方言をシリーズでお伝えし、今一度方言の良さを再認識して地域コミュニケーションの手助けと なれば幸いです。
信州全体をカバー出来ないのでここでは松本を中心として使われる信州弁(以下「松本弁」)を対象にしています。
個人的な調査の域に限定していますので、地域によっては言い方や使われ方また意味が違ったりする事もあるかと 思いますが、その点はご了承下さい。


file0001

file0002

file0003

file0004
よくある身近な行動の中
の方言
会話の中によく表れる方言

作者プロフィール
196?年松本生まれ、高校までを松本で過ごし単身上京
理解できない言葉を相手に指摘され、標準語で無い事にショックを受ける
10年の時を経て故郷へ帰るが、周りの方言がすごく気になる事を実感
人間の環境適応能力の高さを感じつつ、英語圏で暮らせばきっとペラペラになるだろうが自分の語学力の無さを考え 駅前留学も出来ない状況。
最近、ラジオで方言の話題に触れいろいろと調べ始めるが、標準語と信じていたのに方言だった言葉が発覚し驚きを 隠せないでいるらしい...
© 2001 ez-netlife matsumoto. All rights reserved.