最終更新日: 2001年 10月 3日 - 午後 1:00
ホームへ戻る
居酒屋放浪記
松本弁研究所
こんな世界があったんだ
リフレクソロジー
世にも起業な物語
ホーム > モリ子とマメ子の居酒屋放浪記 file0001


…ってあのね、のっけから謝らせていただきます。スンマソン。
実はこの龍郷、居酒屋ってわけじゃないの。つか、いみじくも居酒屋放浪記と銘打ったコーナーの初回で、 いきなり居酒屋じゃない店紹介するとは私も頭悪いけどさ、まぁだまされたと思ってちょっと聞いてよ。

えー、このお店、名前から想像つくように、中華料理店です。
オープンしたのは2年ばかり前だと思うんですが、ある日忽然と村井の銀座通り(なのか?)に現れたんですねー。すごいですねー。
で、まぁ試しに入ってみるか!ってことで足を踏み入れたのでした。
店内は普通の中華食堂という感じ。テーブルがいくつかとカウンター。

厨房の様子をうかがうと、中国の方らしいコックさんが見える。
注文を取りに来てくれたのは、日本語と中国語を自在に操るハキハキと元気のいいお姉さん。
かっちょえーっ!ちなみに彼女、高山さんは、セクシーなチャイナドレス姿の日もアリ!そして厨房でメインに鍋を振っているコックさんは、彼女の旦那様とのこと。
(余談ですが、彼は私と自動車教習所の同期なのさ!同期って言うのか知りませんが。)

とにかく、店に入ってまず感じたのが、お客さんもお店の人もなんかイキイキしてるっていう「上り坂の活気」とでも言いたいポジティブな雰囲気。
で、これはアタリでしょ、って思ったら案の定そうだった。
料理がオイシイ→だからビールもオイシイ!=酒飲みにはたまらーん!ということになっていたわけですね。
中華料理は、今火から降ろした鍋から盛られたばかり!ってのが理想でしょ?ここのはまさにそういう感じ。

メニューの品数も豊富で、なにを食べてもハズレがないんだけど、通い詰めたマメ子が (何度か醜態さらしました。スミマセン)お気に入りの品はというと、まずは、山郷スペアリブの香味あげ(780円)。 ビール好きの人ならおわかりでしょうが、スペアリブってビールにすごく合うんだよね〜。 アメリカンにBBQソースでってのもいいけど、生姜やニンニク(だと思う)に漬け込んで揚げたのは、それよりもさらに ビールが進む!両手で持ってかぶりつき、骨についた肉をこそげとる快感!いやー野生の血が騒ぎますね。 脂ぎった手でジョッキ抱えてゴクゴクいけちゃうのよ。

海鮮おこげ(820円)もオススメ。実はマメ子、おこげってあまり好きじゃなかったんだけど、 ここのは別。アツアツの海鮮アンが目の前でジャーッ!とかけられる時には、年甲斐もなく胸がときめく(マジ)。 すぐにアツアツ・カリカリ・トローリを味わっても良し、しばらく置いてフニャ感を楽しんでも良し。一人で食べれば 立派な主食だけど、飲みながら数人でシェアすれば、程よくおなかを満たすおつまみになるよ。 その他、手羽先餃子や鉄板餃子は手作りの味だし、酢豚や回鍋肉、麻婆豆腐などの正統派メニューも捨て難い。 フカヒレ、アワビといった高級食材を使った料理もアリ。

そしてそして、不思議なことに、飲んだ後には必ず食べたくなってしまうのがラーメン。 龍郷ならお店を移らずにラーメンだって食べられる。ちょっと濃い目の味付けの、特製四川風タンタンメン(650円)。 スープまで残さず飲み干して、ごちそーさま!中国4千年の歴史よ謝謝!

マメ子、今日もシアワセです。

P.S. そうそう、杏仁豆腐はあっさり味で、甘いもの嫌いのマメ子でも食べられたよ。


店名 : 龍郷
住所 : 松本市村井
電話 : 0263-57-9352
営業 : 11:30-14:00&17:00-23:00
定休 : 月曜日

*宴会メニュー
(10品2800円・12品3800円、どっちも十分な量)に1200円プラスして、飲み放題コースもアリ。日替わりランチ(580円)は、 ご飯・スープ・サラダ・デザートまで付いてオトク!
*豊科店
(0263-73-7418)も6月にオープンしたばかり。

HOMESUB MENU
© 2001 ez-netlife matsumoto. All rights reserved.