最終更新日: 2001年 10月 3日 - 午後 1:00
ホームへ戻る
居酒屋放浪記
松本弁研究所
こんな世界があったんだ
リフレクソロジー
世にも起業な物語
ホーム > モリ子とマメ子の居酒屋放浪記 file0002


こんにちは、中谷美紀そっくりのモリ子です。
居酒屋放浪記だってのに、前回はマメ子がのっけから中華料理屋放浪記を紹介するトボケぶりを披露してましたが、んが、んががッ
私も居酒屋じゃないんです。すんません。すんません。不憫な二人と思ってかんべんしてください。

えー、今回はワタクシモリ子がよく行くバーっていうか、そんな感じのトコロを紹介します。
放浪記と言うくらいなので、私の放浪ぶりを書かせていただきます。

ところで、皆さんはお酒を飲みに出かけるのって、ナニを目的に出かけるのでしょうか?
お家で飲むお酒もいいですが、私は外で飲むのが大好きです。
私が外で飲む理由は、気の合う仲間と恥じも外聞もかなぐり捨てて、くだらない話やどうしようもないギャグを言ってみたりするのが大好きだからです。
これが、なぜか家だと飲んだ後の片付け等が、脳裏をよぎり素にもどってしまってできないんですね。つまり、家では味わえない雰囲気と上げ膳据え膳を楽しみたいので出かけるんですね。

そんな、楽しみたい人にうってつけなのがエルボールームです。
ヒジ部屋?てことなんでしょうか?改まって店名の由来を聞いたことがないので、実は知りません。
先日は、エルボールームに行く前に入念な仕込みをしました。バカ写真を撮ってもらう為に、歯に海苔をはりつけ歯抜けババァで行きました。
ものすごいブサイクぶりです。(多分すでに現像されエルボで他人の目にさらされているでしょう。) 普段きどっている私がここで撮る写真は、親にも見せられないバカ写真です。

思いっきりバカになれるエルボールームは私のストレス発散場所です。そんな恥ずかしい事もへっちゃらで出来ちゃうような店がエルボールームです。
これもひとえに、店主ナベさんの人柄のたまものなのでしょう。
店主ナベさんは、温厚でいつもニコニコしているほんわかした癒し系。店内もそんなナベさんの人柄か、いたるところにオモチャがいっぱい。
スライムの砂時計みたいのや、付け鼻や、かつら、手持ち無沙汰になるヒマがありません。


肝心のエルボールームの場所なんですが、詳しい場所は、あえて詳細は伏せさせていただきます。
松本市ナワ手通りをちょっと入った明月館の.........とだけ申しておきます。
ここは是非自分で探し出して行ってほしい店なので、ぜひ皆さん探し出して行ってみてください。

肝心の料金ですが、飲み物、食べ物どれもみんな安いです。飲み物はほとんど1杯500円。貧乏人の私なんて大助かりッ。
みなさんもエルボでバカ写真を撮って癒されてください。


HOMESUB MENU
© 2001 ez-netlife matsumoto. All rights reserved.